観光情報

北海道の魅力を
お伝えいたします

  1. HOME
  2. ブログ
  3. GOTOトラベル
  4. 【地域共通クーポン】GOTOトラベルを徹底解説!お得にクーポンをもらう方法など
地域共通クーポン見本

【地域共通クーポン】GOTOトラベルを徹底解説!お得にクーポンをもらう方法など

7月27日より、GOTOトラベルの販売が一部旅行代理店で販売され、現在では多くのホテルでもお電話や公式サイトなどでの販売を始めております。

しかし、9月1日以降に始まると言われていた、15%相当の地域共通クーポンはいつから始まるのだ!?またその仕組みはどうなっているのか?

宿泊予約の取り方によって、お得になったり損したりする?

この地域共通クーポンのミソは同じ宿泊代金でも、予約の取り方によってお得になったり損をしたりする可能性があります。説明会に行った情報も含めて、地域共通クーポンに焦点を当てて詳しく解説いたします。是非お特にGOTOキャンペーンをご利用ください。

①地域共通クーポンはいつから貰えるの?

9月以降で別途お知らせする日

です・・・・・・・

GOTOトラベル事業の概要が発表されてから一貫として「9月以降で別途お知らせする日」となっております。9月1日を過ぎても変わりません。

「東京のGOTO除外の解除に合わせて、9月の連休前に始めるのでは?」

(※東京が解除される日も憶測です)

<9月4日追加情報 9月16日から東京解除されるのではないかとの報道がございました>

「参画店舗の申請も未だなのだから10月以降になるのではないか?」

<9月4日追加情報 9月7日の週に「事業者登録が開始される見込み」との記者会見での発表がございました>

等々、憶測が飛び交いますが、「別途お知らせする日」はいつになるのでしょうか。。。事務局としては「9月以降」と「9月」と言ってしまっている以上、9月中に始めなければ格好がつかないようなことを仰ってられましたので、9月中に始まることを期待しております。

<9月7日追加情報 9月以降で別途お知らせする日の表記がなくなり→地域共通クーポンの開始時期は、改めて発表させていただきます。しばらくお待ちください。 となりました。ということは、10月以降の可能性が高くなってしまったのか???>

<9月8日追加情報>

10月1日以降の旅行が対象となりました!

<9月17日追加情報>

東京除外も10月1日以降の宿泊が解禁となりました。(予約は9月18日から)

しかし、一つご安心ください。

「今、先の予約をしたらクーポン貰えなくて損じゃないの?」

とご心配の方も多いと思いますが、

宿泊日が地域共通クーポンの10月1日以降であれば地域共通クーポンは受け取れます!

例えばクーポンの配布が10月1日に開始されることが決まった場合、既に10月1日からのご一泊の予約をされているお客様はクーポンが貰えます。

<注意>上記の場合、9月30日から2泊の予約をされていた場合、2泊とも対象外となってしまいます。あくまで旅行のスタート日(宿泊:チェックイン日)が10月1日以降かどうか、ということです。

②地域共通クーポンの有効期限は?

旅行期間中です。 

つまり宿泊の場合は、

チェックイン日~チェックアウト日

にしか使えません。

GOTOトラベルの地域共通クーポンの目的は、観光地のホテル周辺のお土産屋さんなど、ホテルだけでなくて周辺のお店も助けよう!という意図が最初から見受けられました。

なのに利用可能期間を延ばしてしまうと「クーポン貯めて、家の近所の美味しい店に食べに行こう」などと考える人が増え、宿泊地周辺でお金が落ちづらくなってしまいます。チェックイン日~チェックアウト日であれば、自ずと宿泊地周辺で使われやすくなりますよね。

③地域共通クーポンはどこで使えるの?

旅行した都道府県及び隣接する都道府県内の「取扱店舗になる申請をしたお店」

で使用できます。

使えるお店には店頭にこのようなステッカーが貼られると思われます。

使えるお店 ステッカーイメージ

宿泊代金には使用できません。しかしホテル内の売店などでは利用できます。その他、飲食店や物販店など、沢山のお店が参画されると想定されます。

Q.隣接した県、ということは長野県は沢山隣接しているから使える県は多いの?

A.はい、その通り長野県が使える「県数」はNo.1です。

(長野県と、群馬県、埼玉県、新潟県、富山県、山梨県、静岡県、岐阜県、愛知県 の最多9県)

Q.北海道はどうなるの?

A.北海道と青森県で使えます。

※青函トンネルやフェリーによって繋がっているという判断とのことです。

※沖縄県も鹿児島県でも使えます(海路で繋がっているという判断です)

クーポンが使える都道府県は、紙のクーポンにキチンと明記されます。

電子の場合は対象外の都道府県では使えないようになっています。

④どういうクーポンなの?配布方法は?

地域共通クーポンは

紙または電子媒体で付与されます

<受取方法は?>

①店舗型の旅行代理店で旅行(宿泊)を予約された方は、旅行代理店で「紙で」受け取れます。

②宿泊施設に直接お電話またはホテル公式サイトでご予約された方は、ホテルでのチェックインの際「紙で」受け取れます。

③WEBで予約された方は、「宿泊施設で紙で」受け取るか、または「GOTOトラベル事務局から電子で」受け取ることになります。WEBサイト側がどちらか指定しない限りは、お客様がどちらか選べるのではないかと想定しております。

地域共通クーポン見本
地域共通クーポン見本(説明会資料をスキャンしたもの)

紙の場合は↑コチラです。

先にも書きましたが、左下には使える都道府県が記されます。有効期間の所には旅行開始日~旅行終了日(宿泊のみの場合はチェックイン~チェックアウト日)が記されます。宿泊の場合は、利用可能期間は最短で1泊ですから2日間ということになります。(デイユースはGOTOトラベル対象外の為)

こういったクーポン・金券ではお馴染みのワードですが

お釣りは出ません。

電子クーポンはどのように使うのか?

GOTOトラベルの概要が発表された際、「地域共通クーポン」は電子のみとし、ついでにキャッシュレス決済の浸透を図るのではないか?と予想しておりましたが、結局紙でも発行されることとなりました。

さらに電子クーポンのメリットとして、紙ではお釣りは出ないが、電子はお釣りが出る、というか額面通りで使えるようにするのでは?と予想しておりました。しかし、ことごとく期待を込めた予想は外れ、

電子でもお釣りは出ません。

というわけで、どちらも同じ条件ということです。では電子でお釣りが出ないって、どうやって使うのか?が気になりますが、、、

手順はPAY系の「QR読み取り決済」と似ています。

①クーポンを取得しておく

②QRコード読取

③決済&スタッフに提示

電子を使えるお店にはお店毎にQRコードが設置されます(紙しか使えないお店も存在します。各お店の申請次第です)。利用される方はQRコードを読み取り、お釣りが出ませんので「使うクーポン金額を選択」するのですが、、、

電子クーポン

1000円・2000円・5000円の3種類

電子で付与された地域共通クーポンを使用する場合、使える単位は上記1,000円・2,000円・5,000円の3種類から選べます。

例)お一人で4万円のラグジュアリーホテルにご宿泊された方には、6,000円分の地域共通クーポンが付与されます。それを電子で受け取ったことにします。

ホテル内の売店でお土産を購入、そのお会計が「6,200円」だった場合のお支払方法は・・・、

①電子クーポン5,000円を使用(売店スタッフが使用されたことを確認)

②電子クーポン1,000円を使用(売店スタッフが使用されたことを確認)

③残り200円を現金などでお支払い      <にてお支払い完了>

と、この場合3ステップが必要で非常に面倒です。。。紙ですと「券6枚と200円」で完了するわけですから。。。

6,000円分チャージされたわけではなく、あくまで6,000円分の地域共通「クーポン」なわけですね。それを1,000円刻みで取り崩すことが出来るといったところでしょうか。お支払い金額に応じて、例えば4,000円使うのであれば「2,000円を2回」といった風に使用します。

と、せっかく電子なのに、紙よりも不便な仕組みとなってしまいました(恐らくお支払いに、紙よりも2~10倍の時間がかかるでしょう)。その為、主流は紙になると思います。もし、ネットで取られた方は、紙か電子を選択出来るとしたら、紙をお勧め致します。

<難>更に注意点がございます。一度例えば5,000円分使おうと思って、5,000円分のクーポンを発行してしまいますと、もう1,000円刻みに変更することは出来ません。。。6,000円分持っている方が、お会計3,000円なのに対して誤って5,000円分取り崩してしまうと、もう3,000円分の使用は出来なくなってしまう、ということです。言葉で簡単にお伝えするのが難しいですが、まぁ間違えないように、ということですね。

⑤地域共通クーポンを多く貰う、お得な予約方法【裏技】

ここからは算数の話です。重要なルールが二つ

・地域共通クーポンは旅行代金の15%(宿泊代金1泊:40,000円が上限)

・100の位を四捨五入します

まずは、四捨五入ルールにより地域共通クーポンが多目に貰える基準となる6つの数字を表に致しました

地域共通クーポンを貰える金額表

宿泊金額(旅行代金)地域共通クーポン額計算式
3,334円~1,000円 3,334円×0.15=500円→1,000円
10,000円~2,000円10,000円×0.15=1,500円→2,000円
16,667円~3,000円16,667円×0.15=2,500円→3,000円
23,334円~4,000円23,334円×0.15=3,500円→4,000円
30,000円~5,000円30,000円×0.15=4,500円→5,000円
36,667円~6,000円36,667円×0.15→5,500円→6,000円
四捨五入でギリギリ繰り上がりお得になる料金

上記金額または若干上回る金額は四捨五入の恩恵が大きく、お得ということです。

逆に例えば10,000円-1円の「9,999円」の15%は1,499円→1,000円となってしまい、約10%分のクーポンしか貰えないことになり損です。

尚、宿泊代金の上限は1泊40,000円が限度で、それ以上の金額でも、割引は40,000円と一緒だよということです。つまり割引の35%は14,000円が上限、地域共通クーポンは6,000円が上限ということです(それぞれ「1泊あたり」)。

続いて、説明会で明確になった重要なルールです。

地域共通クーポンの算出の基準は

あくまで「一つの旅行商品」単位で計算致します。

宿泊の場合で言いますと、

「○室 × ○名 × 一人あたり:○円 × ○泊」

これで一つの旅行商品ということになります。

ここからは例を挙げた方が判り易いと思いますので、色々な例をご紹介いたします。

例1)1名1室 一人あたり10,000円 2泊

【答】旅行代金は合計20,000円ですので、15%→3,000円

よって3,000円のクーポンが貰えます。

【裏技】1名1室 一人あたり10,000円 1泊 ×2回に分けると

1泊ごとの旅行代金は10,000円ですので、15%&四捨五入⇒2,000円

これが2回ですから、計4,000円分のクーポンが貰えます。

予約を分けた方がお得になる場合がございます

ということです。

例2)1名1室 一人あたり3,000円 2泊

【答】旅行代金は合計6,000円ですので、15%&四捨五入→1,000円

よって1,000円のクーポンが貰えます。

【誤】1名1室 一人あたり3,000円 1泊 ×2回に分けると

1泊ごとの旅行代金は3,000円ですので、15%&四捨五入⇒0円

2回にしようが、1枚もクーポンは頂けません。

このように

泊数はまとめた方が良い場合もあります

例3)1室2名 一人あたり4,200円 6泊

【答】旅行代金は合計50,400円ですので、15%&四捨五入→8,000円

よって8,000円のクーポンが貰えます。

【裏技】1室2名 一人あたり4,200円 2泊 ×3回に分けると

2泊分合計料金は16,800円ですので、15%&四捨五入⇒3,000円

これが3回ですから、計9,000円のクーポンが貰えます。

※16,800円という数字が、上記「お得な表」の16,667円を少し上回っていることに気付けるかがポイントです。

このように

<難>何泊かずつに分けたらお得になる場合がある

ということです。

<デメリット>

例1)例3)の場合は、宿泊を分けて予約をした方がお得になる例としてご紹介いたしましたが、予約を分ける面倒に加え、デメリットもございます。

例えば、10月1日~6泊の宿泊を1つの予約で取られた場合、クーポンの有効期限は、貰える全てのクーポンが「10月1日~7日」となります。それをチェックイン時の1日に貰えますから、まとめて使用することが可能です。

しかしそれを2泊×3回に分けてしまうと、

1件目:10月1日~10月3日

2件目:10月3日~10月5日

3件目:10月5日~10月7日

と、有効期間は一つ一つの旅行商品(宿泊予約)に対して設定されてしまいます。

この場合、3件の予約で貰ったクーポンを一日でまとめて使用するということは不可能になってしまいます。

と、貰えるクーポンの額が大きくなることは良いことですが、デメリットもございますことだけご注意ください。

以上、GOTOトラベルの地域共通クーポンについて説明いたしました。どのようなお店が使えるようになるのか楽しみですね。

GOTOトラベルを上手に活用して、お得に旅を楽しんでください!

関連記事

アーカイブ